こんな初期症状でたらHIV検査を!

体調が悪そうな女性

HIVウィルスに感染すると、約数週間後に風邪のような症状が現れる場合があります。
これを急性HIV感染症と呼びます。
ある調査によると、HIV感染者の96%に発熱の初期症状が、74%にリンパ節の腫れが、70%に咽頭炎や発疹が現れたということです。
その他にも筋肉痛・関節痛は54%に、下痢や頭痛は32%に、 吐き気や嘔吐は27%の感染者に現れたといいます。
HIVへの感染機会があって、これらの症状が出た場合は、速やかにHIV検査を受けることです。

人によってはひと月後でも検査結果が陽性となることもありますので、その時期に検査をしてみてもよいでしょう。
たとえ陰性であっても、3か月後に再検査をする必要はありますが、治療を始めるのは少しでも早い方がいいので、ひと月後の段階で検査を受けることは無駄とは言えません。

誰もが急性HIV感染症になるわけではなく、感染してもなんの症状もないこともありますから、初期症状だけで感染の有無を判断することはできません。
感染の有無を知るには、HIV検査を受けるしかありません。
感染機会があったことを自覚していながら、初期症状がなかったために放置するようなことは避けるべきです。
エイズ患者の3割は、それまでHIV感染に気づかず、突然発症しています。

エイズになるのを防ぐ方法は確立していて、いくらでも避けられたにもかかわらず、感染に気づかず、いきなりエイズの事態になるというのは非常に惜しまれることです。
医学の進歩によって、エイズになってもすぐ死に至ることはなくなっていますが、予後は良くありません。
外見にも影響を及ぼすさまざまな症状も現れやすくなります。
そうした事態を避けるためには、初期症状がなくても、HIV検査を受けることが大事です。

おすすめ記事

最新記事New Posts
人気ランキングPopularity Ranking
アーカイブ