性病に罹患は早期にHIV検査、必要性を大学で指導

以前からクラミジアや淋病といった性病に悩む人はいましたが、最近は10代から20代の若いものを中心に、性病に罹患する人が増えています。
性に関して開放的になってしまう年齢でもありますし、避妊具の必要性を理解しないまま性行為をする人が多いので、気づかないうちに性病に感染している恐れがあります。
性病は感染してすぐに発症しないものの多く、そのため自分だけは大丈夫だと検査を怠ってしまうことがあります。
しかし性病に感染したことを気付かないまま放置しておくと、別の誰かに性病をうつしてしまう恐れもあります。
性病のウィルスを体内の保持していれば、体調が悪くなったり免疫力が低下したときに、突然発症してしまう恐れがあります。

特に女性が性病に感染したときは、性器周辺の出来物ができるだけでなく、子宮内膜症や不妊症など、出産に関する問題が出てくる可能性があります。
若い人はこれから出産や子育てを考えている人が多いですから、性病に感染したら早期にクリニックを受診することが必要です。
性病は早期に発見して治療することで完治ができますし、治療が遅れるとそれだけ病原体保持者になってしまい、ウィルスを根絶するために時間もかかってしまいます。

また、性病に感染したら、エイズウィルスに感染しやすいことがわかっていますから、HIV検査も必要になっています。
高校生の時に保健の授業で性病やエイズについて勉強する時間が設けられています。
それでも感染者の拡大が止まらないため、大学などでも性に関しての広報活動を行い、HIV検査を受けることの必要性を説いておくことが求められています。
大学でHIV検査の必要性に触れる機会を設けることで、若い人を中心とした性病拡大を防ぐことが期待できます。